花クラフトは脳を使う最高の手工芸

花と暮らす認知症予防インストラクター講座」では、「押し花」「エバーアレンジメント(室内で草花を育てる園芸や植物素材を使ったアレンジメントの世界)」「ドライフラワー」「ポプリ」「うつし染め(花の色素を花びらの形のまま台紙に染めるクラフト)」などの「花クラフト」を楽しみます。

 

花のクラフトでは、五感のうち、植物の色や形という「視覚」、花の香りという「嗅覚」、植物に触れたり、作品を手作りしたりするときの「触覚」、インストラクター同士の会話という「聴覚」を使います。

作品づくりには、創造性や創意工夫が求められ、脳に心地よい刺激が与えられます。また、作品が完成したときの満足感や第三者からの評価には、脳を喜ばせる効果があります。

このため、花クラフトは「脳を使う最高の手工芸」と言われています。

認知症対策との共通点が多い

花クラフトの特性には、認知症予防に効果があると言われている対策との共通点が多数あります。

 

この講座では、植物を育て花を部屋に飾り、花クラフトを楽しみながら心豊かな人生を送ることで、認知症の予防に役立つ具体的な園芸やクラフトの技術と、認知症予防の知識を学ぶことができます。

高齢者にも、中高年にも、おすすめの講座

インストラクターを目指す方はもちろん、認知症の予防を切実に考えている高齢者の方々、将来、認知症にならないようにしたいと思っている中高年の方々などにおすすめの講座です。

生きがいを見つけ、前向きな気持ちで生活することが大切です。

「花と暮らす認知症予防インストラクター」になることを目標にし、社会貢献しませんか?

© 2023 by Brian Hill. Proudly created with Wix.com

倉敷市連島町西之浦504-3番地

090-1358-2228

  • Facebook
  • Instagram
© Preciosa.All Rights Reserved.